臍帯血・臍帯資源の提供

研究用臍帯血・臍帯由来細胞利用申込方法

    ① 研究用臍帯血・臍帯由来細胞の提供の流れは図1のようになります。提供をご希望の方は、このページ下部の「研究用ID発行」を選択してください。
        なお、ご希望に沿えない場合がありますのでご了承ください。
    ② 機関内倫理審査委員会(必要に応じて、治験審査委員会、ゲノム解析審査等)の申請、承認を得てください。
    ③ 表1の該当する書式を選択して、ご記入の上、貴機関の倫理委員会の承認書を添えて、申請してください。
    ④ 申請後、東大医科研臍帯血・臍帯バンク運営委員会で提供に関する審査があります。
    ⑤ MTA契約または委託契約を締結します。その他、必要な契約についてはその都度相談させていただきます。
    ⑥ 試料を送付します。全て凍結状態での送付となります。基本的に研究用はドライアイスを使用して梱包し、送付します。
    ⑦ 提供手数料等の請求・支払いとなります。非営利企業/営利企業かによって提供手数料が異なります。

図1
臍帯血・臍帯提供
研究用ヒト臍帯血・臍帯由来組織または細胞の提供に関する必要書類・様式一覧
(※様式はすべて署名後にPDFファイルに変換してお送りください)
書式 研究分担者※1 「非営利機関」※2
国内外研究機関
営利機関※3

申請時

様式1:ヒト臍帯血・臍帯由来組織または細胞提供依頼書 様式1 様式1 様式1
様式2:研究概要書※4 様式2 様式2 様式2
様式3:「ヒト臍帯血・臍帯および臍帯血・臍帯由来細胞等」の提供にあたっての確認書 様式3 様式3 様式3
所属機関倫理審査委員会承認の写し※5
所属機関倫理審査委員会へ提出した倫理審査申請書
臍帯血、臍帯由来組織または臍帯由来細胞の使用の記載箇所をご提示ください。
秘匿情報は墨消し処理をして頂いて構いません。
東大医科研臍帯血・臍帯バンク 運営委員会審査※6

審査承認後

【東京大学外の方】
様式4:臍帯血・臍帯由来細胞の使用に関する同意書(MTA契約)
MTA契約書式は機関同士での相談の上、若干異なる文言となることがあります
非営利目的 - 様式4A -
営利目的 様式4B 様式4B
【東京大学内の方】
様式4:宣誓書
様式4C 様式4C 様式4C
様式5:ヒト臍帯血・臍帯および臍帯血・臍帯由来細胞等機関別提供記録※7   様式5 様式5
  • ※1:分担研究者とは、当バンクへ細胞を提供する研究者です。
  • ※2:非営利機関とは、大学及び国公立試験研究機関(独立行政法人含む)、公益財団等、医療法人、教育機関(専門学校等を含む)を示します。
  • ※3:「営利機関」とは、民間企業、上記以外の研究機関を示します。なお、営利機関/非営利機関と営利機関との共同研究/非営利機関による営利機関からの委託研究の場合には、営利目的になります。
  • ※4:専門家以外の人にもわかるように記載してください(いわゆる実施計画書とは異なります。A4用紙1枚に収まるように記載)。研究概要書に記載内容と研究内容が大きく変更される場合には、再度提出いただく場合があります。
  • ※5:機関内倫理審査委員会での承認書のことです。
  • ※6:東大医科研臍帯血・臍帯バンク運営委員会の承認を得て、学外の方は様式4MTA契約等に進みます。学内の方は東大医科研臍帯血・臍帯バンク運営委員会の承認を得て、様式4C宣誓書を提出していただきます。
  • ※7:試料受領書になりますので、受領後サインをして送り返してください。

研究用ヒト臍帯血・臍帯および臍帯血・臍帯由来細胞等提供の譲渡に要する経費(税込)

東大医科研臍帯血・臍帯バンクとの試料・書類の流れ

 試料、書類については下図のような流れで運用されます。

臍帯血・臍帯等試料の流れ